History|沿 革


明治16年12月25日

三池郡医師同業組合会創設
福岡県から公布された達甲第125号開業医組合設置法により、明治20年頃「三池郡医師同業組合会」が創設されました。同年には博愛社が日本赤十字社と改名しています。


明治39年11月

三池郡医師会設立

内務省令第33号「医師法施行規則」が公布され、医師会は任意設立、強制加入となりました。この省令の施行により、さきの三池郡医師同業 組合会は「三池郡医師会」となり、会長には村尾信雄先生、副会長に安式正寛先生が就任されました。設立当時の会員数は定かではないが、大正4年頃の会員数は 73名と記されています。


大正6年

大牟田市医師会発足
三池郡大牟田町が大牟田市に変った時、三池郡医師会は郡部と市部に分かれ、大正6年3月2日付により、「大牟田市医師会」が分離発足しました。当時 会員数はA会員15名、B会員19名、計34名で、大牟田市の人口は67,800人でした。同年4月13日、創立総会が開催され、会長には村尾信雄先生、 副会長に黒岩直記先生が選任されました。


大正8年9月

社団法人 大牟田市医師会へ改組
大正8年9月、医師会令発布により大牟田市医師会は改組され、「社団法人大牟田市医師会」となりました。


昭和18年

福岡県医師会 大牟田支部
昭和18年、第2次世界大戦が始り、戦争の苛烈化に伴い郡市医師会は県単位に統合され戦時体制をとることになり、社団法人大牟田市医師会は「福岡県医師会大牟田支部」となりました。この時点で、三池郡医師会と再び26年ぶりに合併しました。


昭和22年7月

社団法人 大牟田市医師会へ改組
昭和22年5月に新憲法が公布され、医師会も戦時下に組織された福岡県医師会大牟田支部にかわり、新しい医師会に改組され、「社団法人大牟田市医師会」となりました。


昭和62年12月

社団法人 大牟田医師会へ
昭和62年12月、大牟田市医師会を「大牟田医師会」へ名称が変更しました。


平成25年4月


一般社団法人 大牟田市医師会へ
平成25年4月、新公益法人制度により「一般社団法人大牟田医師会」へ移行し、現在に至っています。